教育は終わ

教育のひとつの欠点

母さんが世間体にとらわれているからです。
ただし、その配慮の仕方がまずくて、おかあさんが離れることにばかり気が向いて、少しでも離れていると
おかあさん、おかあさんママ、ママ!
かあちゃーんと、あわてて不安がるのであれば、教育的に無理に頑張らせようとしてそんなに、かあさんばかり呼びなさんな
なんて、叱りつけることはありません。いつだって、ハイハイハイ、ここにいるいる。ここにいるから大丈夫
と、安心させておく。とにかく、意識的に無理をさせることはないのです。
知らず知らずのうちに心がそちらに向いていく。その時、そっとそばを離れておく。
そして、子どもが親を探すようだったら、さっと安心のサインを出してやる。
頑張らせよう、頑張らせよう、でなくて、知らないうちに頑張っちやった、という体験を積ませてやるのですよ。

あんたは変よ
と、こう言ったとがめ方を、直接子どもにしてしまうと、なんだか、悪い銘柄のラベルを貼られたようなもので、自分をだめだだめだと、本人が決めつけてしまいかねないのです。
こうすべきだああすべきだ、というワクにはめて、いやがる子どもにいやがることをさせると、子どもはそれを好きになるどころか、ますます嫌いになってしまいますよ。
公園へ行こうなどと誘うことについても、なんだか、義務的で、うからいやいやそうしている、なんてことになってはいませんか。
親もそうしないといけないと思おかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうに子どもにとって子どもらしい環境をと考えるより先に、大人の暮らし自体をもっと生き生きしたものにすると、それに照り映えるように、子どもも生き生きしてくるのではありませんか。
子どもは面倒も見てくれないだろう

経験が少ないからおもしろさがわからない

近所に遊び友達がいないのなら、あなたの親戚や知人や友人のところへ一緒に連れていくなりいっそあなたが、パートタイムの仕事でもして、子どもは保育園という子どもの大集団の生活を体験させたり、いろいろと、生活に変化をつけることが大事ですよなににしても、もし、明けても暮れても、母一人子一人ぽつんと家の中、というのでは、にとってよくないと同時に、母親の精神衛生にとってもよくないですからね子ども近所に、同い年の子どもがいないなら、子のいない家へでも、せてもらう、ということも、子どもにとっては一種の冒険だし、るでしよう。

母はこう言いました。


高校生の物理と化学を担当しました。

気安くなって子どもを遊びにいか他人のだれかれと触れることにな日々の買い物でも、品定めに時間をとる間、どこかのベンチで絵本を読ませるとか。
おかあさんが、料理の講習会に行くなんて時は、子どもが遊ぶコーナーを会場でつくってくれていることも多いでしょう。
どんどん連れていかれればと思います。
遠い親戚の家へ行った時、一人残して帰ってくるとか。
年上の子ども達だけの家など、幼い子は歓迎されて、夢中で遊んでもらっているうちに、ママ、帰っといて。
ぼくここにいるから

なんて、帰りたがらなくなったりするんですよね一番大事なことは、他人と共にいる時、親がつい気にして、子どもをいつも自分の手元に、自分のわきに、と、くっつけておかないことです。
なにかに気をとられて、はじめてのことに珍しがっている時、なるだけそっと、子どものそばを離れてやることですね。本人が気にしたら、さっとさりげなくついていて、ね。またいつか離れて。
すると、一言二言、だれか他人がわきに近づきやすくて、知らず知らずに反応していたりして。
何か夢中になっている時は、だれのことばにでもすると、おかあさんと自分とのいつものパターンではない話の運びを体験するから、持も、いつもと違うところがエキサイトして、ね。心身に活気がわく。
子どもの気とにかく、親が知らず知らずのうちに、他人とのかかわりの中では、子のわきから一歩引いておく、という配慮が大切なのですよ。
サックス教室の勉強する

子どもがいることを学びます。

ただし、その配慮の仕方がまずくて、おかあさんが離れることにばかり気が向いて、少しでも離れていると
おかあさん、おかあさんママ、ママ!
かあちゃーんと、あわてて不安がるのであれば、教育的に無理に頑張らせようとしてそんなに、かあさんばかり呼びなさんな
なんて、叱りつけることはありません。いつだって、ハイハイハイ、ここにいるいる。ここにいるから大丈夫
と、安心させておく。とにかく、意識的に無理をさせることはないのです。
知らず知らずのうちに心がそちらに向いていく。その時、そっとそばを離れておく。
そして、子どもが親を探すようだったら、さっと安心のサインを出してやる。
頑張らせよう、頑張らせよう、でなくて、知らないうちに頑張っちやった、という体験を積ませてやるのですよ。

父親のことには関心がない。


子どもとちがう
知らない人と、数多く触れること。これを、平生から、上手にさりげなく工夫していくには、ず親が社会性を身につけることですね。子も育ちざかりなら、親も育ちざかり。

父親と疎遠夫が単身赴任の間に、三歳になりました。父親も子どもが苦手だと言いますし、す。たまに家にいても、近寄ろうとしません子どもも父親が嫌いで子どもがまだ幼い間なら、父親が別になにをしてやるということもないのだから、いてもいなくても同じだろう、と考えがちですが、それは違うのであって、子が幼いうちは、なにをしてくれなくてもいい、家の中に、人がいてくれるだけでいいのですよ特に父親が、ね。
いじめるのよ。

成績が上がってほしい

朝晩いて、その声が響く。その姿が右往左往する。それ、よ。それが、お宅の場合、あいにくずっと単身赴任で家にいらっしゃらないおかあさんとして、これは気がかりなことでしょう。
大事なことなのですということだから、さらに、ご主人は、子どもとつき合うことに慣れておられないようで、会う機会が滅多とないうえに、会う機会がたまにできても、それをことさらにはずそう逃れようとしてらっしゃるようでそれでは、不自然きわまりなく、父と子が疎遠になるのは当然でしょう。
おとうさんは、意識しすぎ、気を遣いすぎるのですね。
なにもすることが思い浮かばないなら、子どもの前で、なにかしら、特に子どもに対して、一緒にしてたらいい。
なにもしないでいいんですよ。
なにかしてて、寄ってきたら、母親が、とにかく、父親は子どもの前で父親らしくふるまってほしいと、るのが、ちょっと見当違いなのかも知れませんね型にはまった期待をすなにもしないでいい。