成長させるきっかけ

母さんが片付けて

先生は生徒の間では通称
だのに、言える時には、言えてしまうんだよ。
ユウタは、なんでもちゃんとやれる子!大丈夫、分かってる。うん。言っちゃうよ」
とでも、明るく言い放っておいてやるのですね。これ、言い方、難しい。率直に。
暗いいやな暗示はいやなのに、ついそちらへ引かれてしまいますね。明るくひらけた暗示は、知らず知らずのうちに、心をそっちのほうへ明るいほうへと引き寄せてくれるのです。
大人が気楽にしてたら、子どもも気楽にほかの遊びや物事に心を移して、のびのび夢中になるでしょう。そして、ひょいとした拍子に、別のある時、ある機会に、ほんの口の中ででも、ハイ
と言ったりする。
そういう時、親が喜んで大仰にことばをかけないかけない。
「まあ、やっと、言えたわ言えたわ、ユウタがハイってお返事できたわ」って大げさに騒いだら、子どもはハイと言えたことが、かえって自分の異常事態だと思ってしまう。
むしろ、言えたでしょ。ほーら私の言ってたように、持で温かい承認のうなずきを、送ってあげればいい。

親が、この子はこんな子だと決めつけてしまうと、子は逃げ場がない。
でも、私は親を恨んじゃいません。だって、親は分からなかったのですからね親は、初心者なのですからねえ。私という子どもについては、ねさあ、親のあなた自身が、肩の力を抜いて、リラックスして、やり直すのですねしくじることが出発点なのですよ。しくじって出直すしくじって、やり直すそれは、子どもにとって以上に、あなたご自身にとって大事な心がけです。
つい、こんなふうにしてしまいがちですが「どうして、ハイのひと言くらいが言えないの?
ほら、言って。
するとどうしたって余計言えないどころかほらア」
せっつかれて、肩を押されてつんのめったりして。
成長させるきっかけ

母親がいかに大きな役割を果たすかがわかる

言ってやるかい!という意地さえ湧いて出て。
情なくって、かっこがつかなくって、自分をそんな恥さらしにするかあさんが憎いのに、そのかあさんしか安心できなくて、クルリと後ろを向いて母親の花柄模様のスカートにかじりついて顔を埋めてしまう。子どもの切なさ、やりきれなさ。
押されて思わず後へよろけながら、子の心も知らずにけらけら笑ってしまう母親がいますねいいじゃないの、いいじゃないの。かわいいわねえ
と、お愛想笑いをしている隣のおばさんもだれもかも。どうしてこんなに平気で子どもを笑い者にするのだろう!

勉強なんかしなければならないのという問い


子どもや身長の高い

と幼児はスカートに顔を埋めながら、怒り心頭に発しているのです。
深刻になってはいけないかといって、気軽に笑ってしまうことではないのです。
おかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうに当然ここでハイと返事すべきところで、そのハイが出なかったら、それがもしいつもいつものその子の習慣になっているのならば、そこで、どうでも言わせようとして、無理強いをしなこともうひと押しで言うな、と思えば、間髪を入れずに
はい言って!
ハイ!
ハイを
と明瞭に促したらひと息の流れ、リズムに乗せられて子どももついと言ってしまうでしょう。
そういうのは、うまくきかない子なんだと思えるような感じであれば、やな気持にさせるばかりだから、もうその場は言わせようとしないこと。
「いいのいいの。ユウタは言う時に言う。いいの無理押しは、いよいよいと、いわば了承しちゃうのです。
あっさりと、ね。
それで、さっさと親は大人同士の会話に気持を向けてしまったり。
つい、子どもの屈託する心を、さらっと自由に解放してしまってやるのですねそして、こっそり、人がいないところで、さりげなく、ハイッていう元気な返牦ユウタは言おうと思っているのに、言えない時は言えなかったね。
教育ママと呼ばれて涼しい顔をしている。

勉強に追われているのに自分だけ

だのに、言える時には、言えてしまうんだよ。
ユウタは、なんでもちゃんとやれる子!大丈夫、分かってる。うん。言っちゃうよ」
とでも、明るく言い放っておいてやるのですね。これ、言い方、難しい。率直に。
暗いいやな暗示はいやなのに、ついそちらへ引かれてしまいますね。明るくひらけた暗示は、知らず知らずのうちに、心をそっちのほうへ明るいほうへと引き寄せてくれるのです。
大人が気楽にしてたら、子どもも気楽にほかの遊びや物事に心を移して、のびのび夢中になるでしょう。そして、ひょいとした拍子に、別のある時、ある機会に、ほんの口の中ででも、ハイ
と言ったりする。
そういう時、親が喜んで大仰にことばをかけないかけない。
「まあ、やっと、言えたわ言えたわ、ユウタがハイってお返事できたわ」って大げさに騒いだら、子どもはハイと言えたことが、かえって自分の異常事態だと思ってしまう。
むしろ、言えたでしょ。ほーら私の言ってたように、持で温かい承認のうなずきを、送ってあげればいい。

学校へ圧力をかけるのが女性であれば


子どもは愛着を持っている大
それがユウタの自然な姿とでもいう気それですぐ、なんということなく、おかあさんが大人同士の会話に入っていくいつもの平生な様子を見てとると、子どもの心のうちに、さりげない自信が、暖かい灯のようにしっかりとともるのですよね。それが、おかあさんカウンセリングのコツ。子どもの育たずにはいない心の根を、安心して認め続けておいてやる。そういうことですね
帰ってこない学校から帰る途中、カバンを持ったまま、ら叱ってもききません友達について行って、暗くならないと帰ってきません。
いく夢中で遊ぶ。子ども時代の、懐かしい思い出。あなたもありますか。
子どもがいるのをご存じでしょうか。

母さんに頼むとちょっと考えたあ

あたりが真っ暗闇になってしまっているのも気づかないで、腕にもすねにもあちこちすり傷だら服をどろんこにして。
男の子は、特にそうですよねずるーい。ずるーい!待ったア待った待った待った

行け、行けエー!
行けエー!
やったなあ。ケン!出ろ出ろ出ろ。そこそこッ。ほらア
あんなの、ありかァ﹂rほらアー
やったアー﹂rやり直せかまわん、行けエー
純粋に、夢中、熱中。……だれかが街灯のついているのに気づく。みんな、顔を見合わせる。