子供への義務

子どもにもプラスになることが必要です。

大学卒業後公認会計士として六年間働いた後
親自身の判断を示してそして、子どもにことばで答えさせるのじゃなくて、子どもの言わず語らずの反応を、気持の表現として、しっかりキャッチしようとするのです。
子どものどぎまぎしたり、黙ってたりしたら、親の判断は正しいと、そこで、しっかりと、おかあさんカウンセリングです。
子どもが認めている証拠です。

うっかりと、間違えて、持って帰ってきてしまったようね。
タカシ自身は、しっかりとそんなふうに語ってやれば、残念な気持がいっぱいおなかにたまっているわね。
分かるわ、タカシの残念さ。

投げ出したプラスチックの怪獣を取りあげて見ると、チャなのです買ってやったはずのない、よその家のオモつい、こんなふうにしてしまいがちですが
いつもあれだけ言ってんのに、また、親はカリカリ頭にきているのに、姉のカズヨが見ているテレビを、おいで!
よその家のものを持って帰ってきたのね!
子どもは隣の部屋で、まるで知らん顔。
前から見ていたように横にちょこんと座って見ています。
ターちゃん、いらっしゃいこれはどこのお家のものなの?どこから持って帰ってきたのよと言いながら、きて、タカシくんの肩をつかんで、その顔を自分のほうへ向けようとします。

子どもを比較している

母親が立っててんで親のいらだちを相手にせず、小学一年のくせに、生意気にもことさら顔を横へ向けていいからいいからと、まるで大人がひとをとりなす手ぶりをしてみせたのです。
これには、ママの怒りも破裂してしまいました。
「冗談じゃないわよ。大人をバカにして!
と言うより先に平手を振ったのですが、それより早くタカシくんは身をかがめ、這って逃げてスッヘッヘー」と、親を嘲笑し、戸のわきに立って、追ってくればもっと逃げる身構えです。
なにを!六歳児に負けてたまるか!という母親の敵愾心が、猛然と起こって、待ちなさい!
てきがいしんと、つかまえにかかります。子どもは、もはや鬼ごっこかなにかと同じ調子で、か言いながら、台所のほうから、食卓の下へと逃げ回ります。
おっとつと、といつもこんなふうに、はぐらかされてしまうのです。
昨日も、学校から、大きな怪獣の形をした消しゴムを持って帰ってきていたので、とっちめたばかりなのに。
おかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうにこういう場合、よくおかあさんは、いくら言って聞かせてもダメなんです
す。

教育をしてしまっているということになるのです。


両親があると思います。いじめようでも、ほんとうにそうでしょうか。
言って聞かせると言ったって、子どもが、聞いていないではありませんか。
とおっしゃるのでこういうのは、いくら言って聞かせたってダメ、というのではなくて、むしろ「いくら言って聞かせようと、力んで頑張って繰り返してみても、言って聞かせられたためしがない」と言ったほうが正しいのでしょうね。
何度も何度も事あるたびに言って聞かせたのに、効果がまるでない、というのではありません。
一度もしっかり言って聞かせることができない。言っても聞かない、と言うべきです。
まあ言ってみれば、エンジンをかけても、クルマは空転しているのですよね。
車輪がから回りしている以上、いくらエンジンをふかしても、自動車が前に進むはずはないでしょう。
やり方に、新鮮な工夫がなければ。
「そのオモチャ、まず最初に、離れたところからのはおやめなさい。
どうしたのよ?」
と、いぶかしげな詰問をするしっかり近づいて、確かめてから、子どもに答えさせる質問はしないで、おやりなさい。
そのオモチャ、家で買ったものじゃないわと。

母さんは娘さん

親自身の判断を示してそして、子どもにことばで答えさせるのじゃなくて、子どもの言わず語らずの反応を、気持の表現として、しっかりキャッチしようとするのです。
子どものどぎまぎしたり、黙ってたりしたら、親の判断は正しいと、そこで、しっかりと、おかあさんカウンセリングです。
子どもが認めている証拠です。

うっかりと、間違えて、持って帰ってきてしまったようね。
タカシ自身は、しっかりとそんなふうに語ってやれば、残念な気持がいっぱいおなかにたまっているわね。
分かるわ、タカシの残念さ。

子どもの心のうち


子どもの心を壊してしまうことってあるのですよ。
ヘラヘラとご機嫌とりの調子でなく、と聞くと、しっかりまじめに、続けて、
ミヤケくんのさっさと一緒に行って、だれのもの?
と、あっけなく答えたりするものです。
一緒にあやまっておいでなさい。
返しに行けるのなら、
左きき1歳と少しです。どうも左ききらしいので、直してやりたいのです。
きたのを見ています。左ききは生まれつきでしょうか。
私の姉が左ききでいろいろ困って右きき、左ききは、生まれつきのものでしょうか。
以前は、生まれつきだという考えのほうが、世間では優勢だったように思いますねでも最近は、ほら、プロ野球など見ていると、左バッターとか左投手のほうが有利だとかいうことで、投げる、打つを左に切り替えたりするくらいで、るのではありませんか。
一般にも、随分と両手使いの人が増えてい右きき左ききは、知らず知らずのうちからの習性の、丹念な積み重ねの結果だ、たっているようだと、実は私は以前からずっとそう考えているうちの一人です。

子どもの数が少なくなった今女性たち

と見るほうが当右脳訓練法
それに、この頃、大脳生理学の発達にともない、りしているでしょうなどという本に人気が集まった右ききの人は、左の脳ばかり使っていて、右の脳をまるで遊ばせてしまっているので、もっと左を使うと頭がよくなるのだと言われるくらいですから、左ききを右ききに直さなければと力みすぎないで、まず、両手使いになればいい、くらいに考えているほうがいいと思いますねつい、こんなふうにしてしまいがちですがこの子は左ききになりそうだ、右ききに直してやらねばならないと考えた途端に、やたらガミガミと忠告を与えるのはダメですね。

ほら、また、左手を使っている。おハシを持ち替えなさい。なんべん言ったら分かるの?
こういう頭ごなしの言い方は、子どもの意識をこじらせてしまいますつまり、分かっちゃいるけどやめられない心境に追い込んでしまうだけです。
おかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうに要は、子どもに意識させないで、う、ということです。


いじめよう 子どもはどう 子どもが高齢者に関心を示さないのはそのためですだ