子どもが生まれてくると事情が変化する。

経験のない康平君が今回は懸命

学校からの保護者あてのプリント
食事なども、いつもみんな同じものを食べなきゃ不公平とさえ思わなかったら、お年寄りにはお年寄りの好み、子どもには育ち盛りの栄養、中年の私達には私達に合うものを、と、違ったものをお互いに不満を持たずに求めていけるのよね。
少々の違いを認めながらも、とにかく一緒に暮らしていけるということの安心な気持は、りみんなの共有のものだものね」と、違いを認めて、どんと腰を落ち着けなきゃ。
しっか子どもには、お互いから逃げない生かし合いの大人の姿が、一番の励ましになるものです。
おねしょ小学二年ですが、まだ続いているのです。
早く直してやりたいのです。
診てもらっても、体に異常はない、しつけの問題だといわれ、おねしょは、気になるのでしょうねぇ。おかあさんとしたら。

おばあちゃんに走り寄るわが子を見るのは、なんて、するりと母親の前を抜けて、まったものではありません。
まったくたそこで、おばあちゃんに聞こえよがしに、
まあ、また、それ、買ってもらったの?
つい声を荒だて.それでまたまた余計に勉強しなくなるわねえ!そんなもので遊んでたら、ねえ!
あなた!もうケンイチのことは、私、母親として、責任は持てませんからね。第一、ねえ。
風邪ばっかりひいて。ただでさえ、勉強なんかしっかりできないあの子の弱さ。
ちゃんの厚着をさせるくせ、なんとかしてよ!

母さんの声をよく聞きます。

ほんとに!
おばああなたのお母さんでしょ。
にちゃんと立ってくれないからよ。
私が言って聞いてくださらないのは、あなたがいつも曖昧で、私の側あなたが、おばあちゃんに言ってくださらなきゃ。
ケンイチのこと。あなた、本当に心配してらっしゃるの?わが子がかわいいの?
母親のほうが大事なんでしょう!おばあちゃんのほうが!
わが子よりも。わが凄よりもさもういや。いやいや
なかなかすんなりとはいかないものですねえ、どこのうちだって、子ども一人育つには、ねおかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうに意見の対立で困るときは、一般に、お互い、どこがどう違うかを、しっかり確認し合うことが一番大事です。

勉強ばかりの日常の中


母親を隔てる界面勉強するようにしてくださいここは夫にもカウンセリング。人生から逃げない態度をしっかり示す。
感情が先に立たないように、クールなはっきりした表現で、ご主人に提案なさい。
「この先、だれともうまくやっていきたいのだから、自分の思ったことは言います。おばあちゃんと、私と、どんなところで、どんなふうに考え方ややり方が違うかを、あなた、よく分かってくださいね」と。
違いをはっきりしていくということは、逆に違わない部分が、はっきり分かってくるということでもあるのですよ。
一を聞いて、十を知るというのは、賢さをあらわすことばですね。
これに似た言い方をすると、この頃の世間の人間関係は1がこじれると、十を捨てる
と言えそう。
一事が万事!と嘆いたら、途端になにもかも投げだして、どこかへ行ってしまいたくなるものです1は1なんだから、一だけこじれたからといって、十まで壊れるものと早とちりしないほうが、どれだけ、お互いの神経の痛みを救ってくれることか。
「考えてみたら、おばあちゃんと私の違いったら、ほんのチョッキ一枚着せないか、とか、テレビ·ゲームをもう一つ買ってやるかやらないかの違いなのよ。

練習するようになりました。

食事なども、いつもみんな同じものを食べなきゃ不公平とさえ思わなかったら、お年寄りにはお年寄りの好み、子どもには育ち盛りの栄養、中年の私達には私達に合うものを、と、違ったものをお互いに不満を持たずに求めていけるのよね。
少々の違いを認めながらも、とにかく一緒に暮らしていけるということの安心な気持は、りみんなの共有のものだものね」と、違いを認めて、どんと腰を落ち着けなきゃ。
しっか子どもには、お互いから逃げない生かし合いの大人の姿が、一番の励ましになるものです。
おねしょ小学二年ですが、まだ続いているのです。
早く直してやりたいのです。
診てもらっても、体に異常はない、しつけの問題だといわれ、おねしょは、気になるのでしょうねぇ。おかあさんとしたら。

母さん方にお願いしたいのはぜひ


子どもは必ず変わります。
体に異常はない。しつけの問題だと言われてしまえば、おかあさんの責任ということになっちゃうわけですから。
おかあさんの責任で、早く直さにゃぁ、とあせっちゃいますねそれで、いろんな工夫を試みてみられたことでしょう。でもね。
むしろ、いろいろ、工夫を試み過ぎるのですよ。試み過ぎはかえってよくないですよ。
畑のなりものを、あっちこっちへ移植し過ぎるようなものでねえ。
手をかえ品をかえ、は、めまぐるしくて落ち着けなくて、地中に根をおろすひまがない、といった様子になってしまいます。
つい、こんなふうにしてしまいがちですがあせってしまうと、とかく親も子も自意識過剰になってしまうので、それ早く直してやろうと、が困りものです。
おねしょをしなくなるなどということは、頭で考えることでなく、体で覚えることなのですからね下手をすると、こんな過剰さですね。

子どもにきちんと当事者意識を持たせた上

つまり
さあ、今夜こそ、大丈夫だろうね。タケオうん。夕飯からずっと、お水飲まなかったし

おしっこは、いつしたの?

さっき、ちゃんとしてきた!
「十二時と、四時に、起こしてあげるから、寝ぼけないで、自分でお便所へ行くのよ」
分かった
「もしも、してしまったら、明日は絶対自分でおふとんを干しなさいよ。ママは知らないよ」

いいよ、もう。分かったよ「分かった分かったって、タケオ、ちっとも分かってないわよ。二つ三つの子のは、まだおとなしいものだけど、もう六歳にもなると、するってったら、おふとんびっしょりなんだものね」
こんなふうに言われて、起きている間は、おしっこにかかわる体内の器官が、タケオくんは、識過剰のため、意緊張のしっぱなし。
ふとんに入って、だから、すっかり尿道が休んでゆるむ。


勉強するようにしてください いじめよう 子供に話しかける。